健康経営エキスパートアドバイザーとは

健康経営アドバイザー制度

「健康経営アドバイザー」と「健康経営エキスパートアドバイザー」の2種類があります。

健康経営に取り組む中小企業に対して、課題抽出・改善提案・計画策定等の実践支援を担う専門人材をさします。

「健康経営アドバイザー」

健康経営の基本概念や社会的背景、実施するメリットや、一般的な取り組み事例、公的施策を理解し、企業(経営者)に対し、説明をできることが求められます。

「健康経営エキスパートアドバイザー」

健康経営アドバイザーのスキルに加え、企業経営、法規関連、保健事業、先進事例の内容を高いレベルで理解し、健康経営の実施に向けた具体的なアドバイス・コンサルティングができることが求められます。

健康経営アドバイザー・健康経営エキスパートアドバイザー共に健康経営の普及・推進に重要な役割を担っています。

① 健康経営アドバイザー制度

健康経営アドバイザー制度は、健康経営をまだ知らない企業・経営者に対し、健康経営の重要性・必要性を伝え、実施へのきっかけを作ります。また、健康経営に取り組もうとする企業に対して、行政の施策や外部リソース等の情報提供、実践支援を行う専門家を養成する制度です。

② 健康経営アドバイザーの役割

一人ひとりの業務領域が広く、代わりのきく人材が少ないケースの多い中小企業にとって健康経営は、緊急度・重要度共に高い取り組みといえます。

経営者に健康経営とは何かを理解していただき、必要性とメリットを伝えることができれば、普及・推進は一層進むことは間違いありません。

今後の中小企業に対する健康経営の普及・推進には「健康経営アドバイザー・健康経営エキスパートアドバイザー」が重要な役割を担うことになります。

当社は代表取締役が、健康経営エキスパートアドバイザーの有資格者です。

健康経営のLINE公式にお友達登録いただければ、健康経営や生活習慣、健康のお役立ち情報をお送りさせていただきます。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です